« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月22日 (金)

好評です!

五輪ソフトで金メダルを獲ったときは本当に泣けましたよね。こんなに必死で見たのは初めてくらい力(リキ)が入ってしまいました。19日は男子トライアスロンで山本選手が30位。スイミング1.5km自転車40kmラン10kmという鉄人マンレースも食い入るように見ました。というのも2か月くらい前に、いつもの自転車さんで山本選手と遭遇、「奥にいるのが山本選手ですよ」と言われても、その時は「ヘーそうなんだ」と思ったのが今になって、あの時一緒に写真でも撮ってサイン貰っとけば良かったと大後悔。超イケメンの筋肉隆々ボディに黄金日の丸入り自転車が印象的でした。ガラッと話が変わるのですが、前回書いたメガネが入りました。002  なんと言っても前でパキッと割れて、001  首にかけっぱなしがクールなんです。一見した方は必ず気に入って頂いてますよ。サングラスタイプと老眼鏡タイプの2種類で\7,350から\8,400とお手頃 003 ですので、パープル、レッド、ブルーなどチャレンジングなお色が好評です!

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

SOFIE D`HOOREのニット

009 ここ数年ソフィードールが日本でもかなり認知されてきており、問い合わせも多いベルギーブランドですが素材の良さ、着心地の良さは最高です。特にニットはクオリティーが高くスーパー120の極細の糸で編まれている肌さわり感は何年着てても変わらず形も崩れないすぐれものです。カラーもベージュ、グレージュ、黒といたってシンプルでいて中間色の色はヨーロッパ特有の微妙な色出しも人気の一つです。今年はプレーンなものに加えチュニック風のデザインも出ているのでカットソーとの重ね着でブーツで合わせても新鮮ですね。VINCEやファビアーナのカットソーは人気ですがこの時期薄手ニットやカットソーは逃すといざ着る頃には無い可能性が高いですので是非お早目にご覧頂けたらと思います。013

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

お盆明けにぶら下げます。

 目だけは若い頃から全然勉強や読書をしなかったせいか良かったのに、というかそのせいで、ここ半年で近くの活字が読めない!もう本当にイヤになるくらいの老眼になってしまいました。いよいよメガネ?って気にし始めてると、以前Filippi嬢に会った時、いつもなら真っ先に洋服チェックするのに、その時は胸元にぶら下がったモノが私の目を捕らえた。アクセ?メガネ?パープルがかったそのモノはよく見るとやはりメガネ。それも首肩からぶら下がっているのに紐ではなく、それもレンズとレンズの間で割れているシロモノ。とてもオシャレで、彼女に思わず「それ素敵ね、ひょっとして老眼鏡?」と聞くと「ノー(とトーンが下がる)、私のはサングラスよ、あなたのは老眼鏡?とてもチープだし便利よねコレ」、と私も持っていると勘違い。数日後、ロレンツォに「イタリアで探してきてよ、あー、どこのメーカーか聞いとけば良かった、あれ絶対欲しい!それにああいうのを皆探してると思う。」とその時何気に言った言葉を覚えてたロレンツォがついに見つけてきたんです。それも自信たっぷりに、「パープルとレッド、それとミックス調のブラウンもお盆明けに入るかも、これは僕のだけど。」と見せてくれたのは鮮やかなブルーのフレーム。 ここで詳しくは今書けないのですが、うまくいけば20日頃からお見せできると思います。まず私がぶら下げますので乞うご期待! あっ、ロレもです!ユニセックスで簡単にサイズ調整できるのもグッド。

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

ズイマクエン?!、、、

先週は大変だったんですよ。普通の風邪だと思ってたら、突然夜に顔がお岩さんのように腫れあがり、ふくらはぎは硬直して突っ張り、何より頭が割れそうに痛くなって急遽東京医療センターへ。あー、くも膜下出血かも、、と思うぐらいの激しい頭痛と嘔吐。血液検査やMRIと点滴などで1泊して診断は「髄膜炎かも」と女医に言われ、「特効薬はないので安静にしておいてください。急変したらいつでも来てください」と即退院。それから1週間経った今日、ようやく100%近い状態で復帰できました。本当に苦しかったですよ、夏の風邪はあなどれないですよね。相当体力的に参っていたみたいです。その時撮った膨れ上がった顔写真は今でこそ笑えますが、本当に死ぬかもと思いました。皆様もどうぞ、この暑さの中ご自愛くださいませ。何より無理をしないで気力、体力をキープすることが40オーバーの条件ですよ、と20代後半の女医に窘められましたから   それとお知らせですが来週12,13,14,15日は夏休みの為休店させて頂きます。よろしくお願いいたします 

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »