« ナチュラルカラーで楽しむ大人のミリタリールック! | トップページ | 極上カシミアoyuna »

2009年10月13日 (火)

WARASA

ワラサを皆さんご存じですか?そう、出世魚なので8kg以上をブリと呼び、ワラサは4~6kg、そしてイナダと呼び方が変わるのです。このシーズン毎年熱狂するのがワラサ釣りで、あの強烈な引きを一度味わうとやめられないのです。骨折回復記念と称し、昨日伊豆須崎から6時出船、早朝の1時間が勝負なので気合が入るが、この釣りは釣果0本も当たり前なのでいかにもプロ好み。見事ゲットして帰ってきました~!Warasa1 釣り上げてすぐに生き締め(エラからナイフを入れて水の中で血を抜く)してあるから、刺身は勿論のこと照り焼き、ブリ大根と何れも美味です!とつい和風にと思いがちですが、実はポワレしてもグッド。できれば良質のオリーブオイルで火が全体的に均一に通る微妙な火加減で、しかも脂が溶け出さない程度に焼く、つまりまるで刺身?ぐらいのポワレにすると、なんて言ったらいいのか、口の中で噛むと中から脂とジュがジュワっと出てきて、、、焼いた後に塩を振って、しっかり塩味もつけますが、一瞬ワラサ独特の魚臭さを感じるものの魚好きにはたまらない香りが、、、。でも捌くのは大変で、何と言っても頭を落とす時はのこぎりくれ~!てな感じで包丁がボロボロになるんじゃない?というほど骨が太いんですよ。それにしても帰りの135号と東名は最悪の大渋滞でウトウトヘトヘトで帰って来ました、、、(ロレ筆)

|

« ナチュラルカラーで楽しむ大人のミリタリールック! | トップページ | 極上カシミアoyuna »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナチュラルカラーで楽しむ大人のミリタリールック! | トップページ | 極上カシミアoyuna »